インテリア総合カタログNo.14|極東産機株式会社
504/514

THE PROFESSIONAL MACHINES AND TOOLS 552●壁紙施工手順書シーラー合成樹脂系接着剤壁紙施工用でん粉系接着剤1ビス頭のサビ止2パテ3接着剤シーラー・合成樹脂系接着剤・壁紙施工用でん粉系接着剤の使用方法シーラー・合成樹脂系接着剤・壁紙施工用でん粉系接着剤の使用方法石膏ボード下地(枠組工法)βノーリ NEO-G+ 水ペースト+ 水 NEWプロ☆フィットHiタックPパラダイン390クリーンまたは+粉 末下塗専用パテ(Hiレベルスーパー)を塗布、Hiソフティスーパーで上塗りする。A下塗専用パテ(Hiレベルスーパー)を塗布、上塗用パテ(Hiスムーズスーパー/Hiドライスーパー)を塗布する。BP150掲載■パラダイン390クリーンP134掲載商品名国土交通大臣認定番号希 釈 率ホルムアルデヒド放散量等級NEWプロ☆フィットMFN-2405MFN-2322MFN-2322F☆☆☆☆F☆☆☆☆F☆☆☆☆ βノーリ NEOβノーリ NEO-G原液/水=100/70 に希釈して使用する。粉体/水=2kg/20~22Lに希釈して使用する。※シーラー処理面上に壁紙を貼る場合は、合成樹脂系接着剤入の壁紙施工用でん粉系接着剤を使用する。(βノーリ NEO-G)※使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。※合成樹脂系接着剤で下地調整した上に壁紙を貼る場合は、合成樹脂系接着剤入りの 壁紙施工用でん粉系接着剤を使用する。(βノーリ NEO-G)※使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。合成樹脂系接着剤希 釈 率容 量パラダイン390クリーンHiタック200 Eco1kg入2kg入すて糊に使用するときは10~20%の水を加える。原液で使用する。澱粉糊に混合する場合、原液のまま加える。シ ー ラ ー希 釈 率容 量HiシーラーSet up3 倍4kg入※壁紙・下地の種類によってはパラダイン390クリーンを適量加える。※使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。●記載の壁紙施工方法は「壁紙施工の参考資料のひとつ」としてご利用下さい。 ※施工される場所の環境、下地の状況、壁紙の種類等によって条件が異なります。 ※あらかじめ試験施工を行い、試験結果を確認の上、本施工の実施をおすすめします。●記載内容は各商品の改良・仕様変更等により予告なしに変更する場合がありますので、あらかじめご了承下さい。●本文記載の商品の使用に際しては、各製品に記載の使用方法や注意事項などを十分にご理解頂いた上でご使用下さい。●記載内容に関して、ご質問等ございましたら、当社までお問い合わせ下さい。 ●無断複写・無断複製を禁じます。■SPセーフティ注意点①ジョイントは重ね切りを避け、突き付け貼りとする。 ※重ね切りをする場合は、SPセーフティなどの下地保護テープを使用し、ボードの紙まで切らないようにする。②使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。硬化後(乾燥後)、パテ表面をサンダーがけしHiシーラーSet upを塗布。サビ止め剤をビス頭全体を覆うように塗る。(ビス頭にサビが発生している場合はサビを落とす)下記のA、Bどちらかの方法で目地部・ビス頭部を埋め全面を平滑にする。※HiタックPはNEWプロ☆フィット2kg/袋に対して200g/袋を添加。P127掲載あるいは■HiシーラーSet up

元のページ  ../index.html#504

このブックを見る