インテリア総合カタログNo.14|極東産機株式会社
505/514

Construction ManualTHE PROFESSIONAL MACHINES AND TOOLS553☆Hiシーラー Set up は3倍に希釈して使用。必要に応じて濃度を高くして使用。☆パラダイン390クリーンは10~20%の水で希釈して使用。Hiタック200 Ecoは原液で使用。☆壁紙施工は必ずβノーリNEO-Gのような合成樹脂系接着剤が配合された壁紙施工用でん粉系接着剤を使用。☆施工に際して、事前に十分な養生を行う。☆使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。石膏ボード下地 (GL工法)123パ テ防カビ接着剤■Hiカビストッパーパラダイン390クリーンHiカビストッパー+ 水 ++βノーリ NEO-GペーストHiカビストッパー+ 水 +NEWプロ☆フィットHiタックPパラダイン390クリーンまたは+粉 末下地別シーラー・すて糊早見表石膏ボード下地 (GL工法)下塗専用パテ(Hiレベルスーパー)を塗布、Hiソフティスーパーで上塗りする。A下塗専用パテ(Hiレベルスーパー)を塗布、上塗用パテ(Hiスムーズスーパー/Hiドライスーパー)を塗布する。BP126掲載100g100g100g100~150g150~200g(2度塗り)200~300g(2度塗り)100g100gHiシーラー Set upHiシーラー Set upHiタック200 EcoHiシーラー Set up120m2/4kgHiシーラー Set up120m2/4kg下地表面が十分乾燥していることを確認してから施工する。パテは練りパテ。石膏パテの場合はパテ補強剤「パテストロング」を混合するかシーラー塗布。ジョイントは突き付けで施工。焼き付け鉄板は錆が発生していないか確認する。塗膜の状態を確認し、劣化している場合は剥がす。ジョイントは突き付けで施工。Hiシーラー Set up80~120m2/4kg60~80m2/4kg40~60m2/4kg20m2/2kgパラダイン390クリーン38.5~42m2/3.5kg38.5~42m2/3.5kgパラダイン390クリーン下 地 種 類一 般 下 地特 殊 下 地石膏ボードコンクリートモルタルスレートケイカル板繊 維 壁土   壁化粧合板焼き付け鉄板水性塗料シーラー又はすて糊標準塗布量/m21缶当りの施工面積注 意 事 項ベニヤ板油性塗料注意点下記のA、Bどちらかの方法で目地部・ビス頭部を埋め全面を平滑にする。ボード表面にHiコートを原液で刷毛、またはローラーで全面塗布する。(約100~150mL/m2の塗布量)・ Hiカビストッパーは糊の仕上り量に対して1%添加。 (糊を練る水にHiカビストッパーを入れ糊を溶かす)・ パラダイン390クリーンは、NEWプロ☆フィット2kgに対して  0.5~1kg、βノーリNEO-G18kgに対して0.5~1.5kgを添加。硬化後(乾燥後)、パテ表面をサンダーがけする。①上記のように防カビ処理を実施しても、冬期の結露や部屋の環境によってカビが発生する事もある。②下地が十分乾燥していることを確認してから施工する。③GLボンドには防カビ剤の混合が必要。④使用に際しては各製品の使用方法や注意事項などの記載事項を十分にご理解頂いた上でご使用下さい。※HiタックPはNEWプロ☆フィット2kg/袋に対して200g/袋を添加。あるいは

元のページ  ../index.html#505

このブックを見る